梅酒レシピ


 
材 料 (1升分)

 青梅(2Lサイズ)・・・1kg
 氷砂糖・・・・・600g~700g
 ホワイトリカー・・・・・1.8?
 果実酒用の容器・・・・4?用

【 下準備 】

アク抜き

水をはったボール等に梅を入れ、一晩(12時間程度)かけてアク抜きをします。(前日に行います)

 

瓶容器はあらかじめ消毒しておきます。熱湯消毒、または少量のホワイトリカーで消毒します。

【 梅酒つくり 

水洗い

アク抜きを済ませた梅を、丁寧に水洗いします。

Point
464.gif キズは梅酒の大敵です。大きいキズがあるものは、この時点で取り除いておきます。

ヘタ取り

つまようじ等を使って梅のヘタを取り除きます。
また、梅のエキスがより出やすいように十数か所刺しておくとよいでしょう。

拭き取り
キッチンタオル等で水分をしっかりと拭き取ります。
乾燥
時間があればキッチンタオル等の上でしばらく乾燥させましょう。

 

仕込み

 容器の消毒について 
 熱湯消毒した場合は、良く乾かしてから梅を入れてください。
ホワイトリカーで消毒した場合、使ったホワイトリカーは捨て、容器の中は拭かずにそのまま使用します。

梅と氷砂糖を交互に容器の中へ入れていきます。先に梅を入れてその上に氷砂糖を乗せま。

梅と氷砂糖を入れ終えたら、その上からホワイトリカーを静かに流し入れます。

最後はしっかりとフタを閉め、冷暗所で保管します。あとは、美味しい梅酒になるのをじっくりと待ちましょう。

梅酒バー

もちろん他のお酒でも作れます
お酒はホワイトリカーに限らず、ブランデーやウイスキー・ウォッカ・ジン・老酒など、アルコール度数が35%以上のお酒であれば作ることができます。
ブランデーで作るの場合でも、ホワイトリカーと同量でOKです。

2~3カ月であっさりとした梅酒が楽しめます。半年から1年で飲みごろ。さらにじっくりと熟成させることで、より梅のエキスが抽出され、コクのある美味しい梅酒になります。待てば待つほど円熟みが増す梅酒、是非ご自宅でチャレンジしてみてください。

梅酒PDFファイル  ← レシピのプリントアウトはこちらから




コメントを投稿する

You must be logged in to post a comment.