みかんの授業


P2012_1114_1043

9月28日に母校である長崎私立矢上小学校三年生がみかん山まで歩いて勉強に来てくれました。

今日はその第2弾ということで教室にお邪魔しました。

生徒達は夏の課外授業が終わり、図書室やインターネットで調べたり学習を重ね疑問や質問をまとめてありました。

今日は、自分たちで解決できなかった事を授業で詳しく答えました。

イノシシや鳥対策はどのようにしていますか?

井手果樹農園で一年間でどれくらいのみかんが収穫されますか?

一年で一番みかんが採れる時期はいつですか?

等々。

私も、生徒の疑問を解決する為に、調べたりすることが非常に勉強になります\(^_^ )/

みかん以外でも農作物や畜産物・漁業で捕ってきた食べ物に感謝する気持ちや苦労を伝える事により食育に結び付くよい機会と思い小学校にお世話になっています。

これからも沢山の人に“農業”・“食”の大切さを伝えました。




6 Responses to “みかんの授業”

  1. 3-1の生徒より より:

    今日は矢上小学校にきていただきありがとうございました。

    • shinsuke より:

      みかんの事に興味を持ってくれ、色々と調べて勉強してくれてありがとう。
      これからも、皆さんに喜んで食べてもらえるような美味しいみかんを作ります。
      今日は、お世話になりました。

  2. 3-2の生徒より より:

    昨日は、矢上小学校の勉強のために来てくださってありがとうございます。
    学校で食べた、みかんもとってもおいしかったです。
    今度、家族を誘って行きたいです。

  3. 矢上小学校3年生一同(学校でメール文を話し合いました) より:

    きのうは、わざわざ矢上小まで来てくださって、ありがとうございました。
    みんなが一番びっくりしたのは、イノシシが一ばんで、たくさんのみかんを食べてしまったり、みかんの木をおってしまったりするから、電気ぼくさくというもので、ふせいでいるということです。
    また、たぬきも食べに来るけれど、一日に1~2個のみかんをきれいにむいて食べるので、食べさせてもいいと思っていると、い手さん話してくださったので、みんなしあわせな気持ちになりました。「い手さんって、やさしいなあ。」
    さい後に、3年生のみんなに、メイドインみかん山をいただきました。みんな大よろこびで、きゅう食の時間に食べました。味がこくて、とってもおいしかったです。
    また、い手さんのみかんを食べたいです。本当にありがとうございました!

    • shinsuke より:

      今回、みんなの真剣なぎもんや質問を聞かせてもらいみかんや農業に興味をしめしてくれた事がとてもうれしかったです。
      農業は、自然のおんけいを受けていとなむ仕事です。自然(晴れや雨・雪や暑さ・寒さなどなど)にかんしゃしみなさんのような美味しいと言って食べてくださる消費者にかんしゃし毎日の農作業をじょうねつをもって頑張りたいと思います。
      今日は、みなさんでホームページにコメントをくれ、ありがとうございました。
      また、会いましょう。  いでかじゅのうえん 井手 伸介

コメントを投稿する

You must be logged in to post a comment.