しんちゃんレシピ

やわらかスぺアリブ煮込み

restaurant甘夏マーマレードを使ったお肉料理restaurant

koutei⑤

やわらかスペアリブ煮込み(4人分)
《材料》
  豚のスペアリブ・・・・・500g
  甘夏マーマレード・・・・100g
    ※当農園のジャム1ビン(100g)です
  酒・・・・・・・・・・・100㏄
  しょうゆ・・・・・・・・50㏄

 

 

koutei① z1 鍋に酒・しょうゆを入れます
koutei② z2 豚のスメアリブを入れます
koutei③  z3 甘夏マーマレ―ドを入れます
koutei④ z4 中火で煮込みます
   時々裏返し汁気がなくなるまで煮込みます
   とろみが出たら完成です
koutei⑤ z5 器に盛り付け色どりが良くなるように緑色のお野菜を盛りましょう
   

梅酢ドレッシング

材 料


 青梅(キズ梅で良い)・・・1Kg
 酢・・・・・50cc
 米味噌・・・・・1kg
 砂糖・・・・・700g~800g
 保存瓶

z1.gif 水洗い 青梅1kgを水洗いします。梅のヘタを楊枝などで取り除いて下さい。   
z2.gif 拭き取り 梅は水けを良く拭き取ります。
材料の米味噌・酢・砂糖をよく混ぜ最後に梅を入れもう一度軽く混ぜます。

冷蔵庫に保管し1日1回良く混ぜて下さい。
最初は硬くて混ぜにくいですが梅酢があがってトロトロになってくると混ぜやすくなります。
1週間程繰り返し混ぜた頃に梅酢が上がり美味しく頂けます。
梅は取り出さなくても良いです。邪魔な場合は取り除いても良いでしょう。

鱧 ねぎ こんにゃく刺身
     

サラダはもちろん湯引きやこんにゃくの刺身など用途は色々です。
また、柚子こしょうとの相性も抜群です。
とっても簡単で保存がきく梅酢ドレッシングは家庭に1本いかがですか

梅酢ドレッシング   ←レシピのプリントアウトはこちらより出来ます。

梅酒レシピ

 
材 料 (1升分)

 青梅(2Lサイズ)・・・1kg
 氷砂糖・・・・・600g~700g
 ホワイトリカー・・・・・1.8?
 果実酒用の容器・・・・4?用

【 下準備 】

アク抜き

水をはったボール等に梅を入れ、一晩(12時間程度)かけてアク抜きをします。(前日に行います)

 

瓶容器はあらかじめ消毒しておきます。熱湯消毒、または少量のホワイトリカーで消毒します。

【 梅酒つくり 

水洗い

アク抜きを済ませた梅を、丁寧に水洗いします。

Point
464.gif キズは梅酒の大敵です。大きいキズがあるものは、この時点で取り除いておきます。

ヘタ取り

つまようじ等を使って梅のヘタを取り除きます。
また、梅のエキスがより出やすいように十数か所刺しておくとよいでしょう。

拭き取り
キッチンタオル等で水分をしっかりと拭き取ります。
乾燥
時間があればキッチンタオル等の上でしばらく乾燥させましょう。

 

仕込み

 容器の消毒について 
 熱湯消毒した場合は、良く乾かしてから梅を入れてください。
ホワイトリカーで消毒した場合、使ったホワイトリカーは捨て、容器の中は拭かずにそのまま使用します。

梅と氷砂糖を交互に容器の中へ入れていきます。先に梅を入れてその上に氷砂糖を乗せま。

梅と氷砂糖を入れ終えたら、その上からホワイトリカーを静かに流し入れます。

最後はしっかりとフタを閉め、冷暗所で保管します。あとは、美味しい梅酒になるのをじっくりと待ちましょう。

梅酒バー

もちろん他のお酒でも作れます
お酒はホワイトリカーに限らず、ブランデーやウイスキー・ウォッカ・ジン・老酒など、アルコール度数が35%以上のお酒であれば作ることができます。
ブランデーで作るの場合でも、ホワイトリカーと同量でOKです。

2~3カ月であっさりとした梅酒が楽しめます。半年から1年で飲みごろ。さらにじっくりと熟成させることで、より梅のエキスが抽出され、コクのある美味しい梅酒になります。待てば待つほど円熟みが増す梅酒、是非ご自宅でチャレンジしてみてください。

梅酒PDFファイル  ← レシピのプリントアウトはこちらから

煮梅コンポートの作り方


材 料

 新鮮な豊後梅・・・3kg
   5%の塩水で煮て冷ます
みつ

 グラニュー糖・・・・2.1kg
 水・・・・・・・・ 2100cc
z1.gif 梅コンポート1-2 梅コンポート1-1
  梅はへたを取って水洗いして針でブツブツ穴をあけ塩水(上記)に一晩さらしてアク抜きます。
z2.gif 梅コンポート2 鍋に梅を入れたっぷりの水を注ぎ弱火にかける。65℃以上になると皮が破れて実崩れするのでなべ底付近の温度を55℃前後で保つように火加減を調節しながら30分ほど茹でる。
z3.gif 梅コンポート3 茹で汁が冷めたら梅が崩れないように水を入れたボールに静かに移す。
z4.gif 梅コンポート4 水に1~2時間程さらし、渋み・苦味を抜きます。(3)・(4)を4~6回繰り返す。
z5.gif 梅コンポート5 分量のグラニュー糖・水を入れ火にかけ溶けたら梅を入れ85℃になったら火を止める。
z6.gif 梅コンポート6 シロップの温度が85℃になったら火を止めそのまま冷やして保存瓶に入れ常温で味がしみるまで1~2日間置く。
その後冷蔵庫で保存下さい。
z7.gif 梅コンポート7 冷やしてお召し上がり下さい。
シロップはジュースやかき氷・料理にお使い下さい。
注意 梅コンポート8 煮る工程で85℃以上になると皮が破れますのでお気を付け下さい。
温度管理がポイントです。

煮梅コンポートレシピ  ← レシピのプリントアウトはこちらから

鶏ささみの梅肉ソース焼き


材 料(2人分) 4本

 鶏ささみ・・・・・2本
 梅びしお(梅肉ソース)・・・・・適量
 塩・こしょう・・・・・少々

 

作り方

工程(1) 工程(1)-2
z1.gif ささみを半分にスライスするように切ります。
   《Point》 串を刺すのでなるべく均等にスライスして下さい。

作り方hr

工程(2) 工程(2)-2

 

z2.gif 切ったささみを串に刺し塩・コショウ(ブラックペッパー)でした味を付けます。
   《Point》 塩加減は梅びしお(梅肉ソース)を塗るので控え目にして下さい。

作り方hr

z3.gif 塩コショウでした味を付けたささみを焦げ目がつくまで焼いていきます。 工程(3)

作り方hr

工程(3)‐2 z4.gif 梅びしお(梅肉ソース)をぬって完成です。

このレシピの印刷はこちらです→鶏ささみの梅肉ソース

爽快甘夏ゼリー


材 料 (6人前) 3個

 甘夏みかん・・・・・・3個
 水・・・・・・・・・350cc
 砂糖(グラニュー糖)・50g
 アガー(植物ゼラチン)・・20g

 

z1.gif 甘夏を横半分に切ります。※皮を器に使います。

z2.gif 半分に切ったら果肉を皮から外します。
(工程3の写真の様にします。)

z3.gif 外した果肉は包丁で周りの薄皮を剥ぎます

z4.gif 果肉だけになるように薄皮を外します。

z5.gif アガーと砂糖(グラニュー糖)を粉の状態でよく混ぜ水と一緒に鍋で沸騰するまで温めます。

z6.gif 沸騰した(工程5)を5分程冷ましたら(工程4)の果肉を入れ混ぜます。

z7.gif ある程度冷めたら果肉入りのゼリーを器に流します。

z8.gif 冷蔵庫で冷やしたら美味しくいただけます。

 oneポイント 

みかんの器を使う場合はなるべく当日中にお召し上がり下さい。
時間が経つにつれみかんの皮の苦味がゼリーに移ります。

このレシピの印刷は、こちらから→

 

豚肉の梅肉巻き

 
材 料 (2人前) 4個

 豚ロース薄切り肉・・・8枚
 青  し  そ・・・8枚
 梅 び し お・・・適量
 卵・・・・・1個
 小 麦 粉・・・50g(半カップ)
 パ ン 粉・・・適量

z1.gif

豚ロースに、シソをのせ“梅びしお”を塗り端から巻いていきます。
その工程を、二度繰り返しボリュームをだします。
“梅びしお”は、塩分があるため、塗りすぎると塩辛くなりますので、本品を一度なめて、お好みの塩分になるように、塗る量を調節下さい。

z2.gif

巻いた豚肉に小麦粉を
付けます。

溶き卵を付けます。

パン粉を付けます。

180℃に熱した油にカツを入れキツネ色になるまでカリッと揚げます。

コメント】
シソの風味と梅肉のさっぱりとした味わいが豚肉にマッチしとても美味しいです。材料をイワシやアジなどに変えて同じように作ることも出来美味しいです

このレシピの印刷は、こちらから→